この前知り合いの方に
デモCDを聞いてもらった時にいただいた嬉しい一言。

「これはどんな機材で録音したの?」

自分の楽曲や歌・ギターについての
感想でないのが若干残念ではありますが

『へぇ~まずますの音なんだぁ』

と思ったもの。で、答えでありますZOOM H1。

【メーカーお取り寄せ品】【ハンディレコーダー】ZOOM H1 version2【8月下旬入荷予定】

【メーカーお取り寄せ品】【ハンディレコーダー】ZOOM H1 version2【8月下旬入荷予定】
価格:9,720円(税込、送料込)



コチラ↑↑の10,000円弱のPCMレコーダーですと
返答すると、若い頃音楽をされていたその方の

『時代は変わった。100万強の録音機材が1万未満のPCMレコーダーで...』

との返答。
30年の技術進化に驚かれていたんですが
もうこの世界は完成形に近づいていて、著しい進化はないのか。
そう感じたのはコチラ↓↓のニュース

人気ハンディーレコーダーZOOM H1の新バージョンが登場

『おぉ、どんな変化もしくは進化かいな?』

と思ったところニュースをチェックしてみると...。

ブラックをつや消しの「マッドブラック」仕様に変更

...ん~外側ですか。進化したとこは。

まぁ今僕が持っているのがレコーダーとしては
ここ価格では完成形って事なのかも。

○十年後、この機能が1000円で実現できるのは
期待薄でしょうね。きっと。

※参考サイト:人気ハンディーレコーダーZOOM H1の新バージョンが登場